難聴のツボを押して難聴のサインを感じ取って見逃すな

加齢とともに現れるなんちょうの原因の特定は簡単ではありあm線。
しかし、耳のトラブルについては「耳の内部でどんなことが起こっているのか?」はかなりわかってきています。
耳の中で音を聴くということに障害が生じる部位は
・音を感じとる内耳の蝸牛
・内耳から脳へと信号を送る神経細胞
・内耳から送られてくる音の信号を認識する脳の聴覚野
これらのいずれかとされています。

なかでも「蝸牛殻の内側にある有毛細胞がダメージを受けて損傷している」ことが難聴の大きな原因なのです。
有毛細胞は音の振動をキャッチしてそれを脳に伝えるための電気信号に変換している非常に重要な役割をしています。
健康な人の蝸牛内部を電子顕微鏡で見れば、正常な有毛細胞がそれこそびっしりと隙間なく並んでいます。
しかし、難聴の人の蝸牛内部は有毛細胞がところどころ抜け落ちていたり、形が折れていたりと明らかに正常な方の有毛細胞とは異なっています。
この有毛細胞が損傷やダメージを受けると、蝸牛は音の信号を脳にうまく伝達することができなくなってしまいます。
いくら外耳がうまく音をパラボラアンテナのように集めてきても、脳に音として察知できなくなってしまうのです。

そして悲しいことに、現代の医学ではこの有毛細胞を再生する方法が見つかっていないのです。
ただしm、早めに退所さえできれば、有毛細胞が減ったり損傷したりする信仰をある程度食い止めることはできます。

ですから
「最近 テレビの音が大きくなってきた」
「よく聞き間違いをする」
「何度も聞き返してくる」
それらは間違いなく難聴の所kぃサインでありますから、放置していてはいけません。

そこで全身に現れるとされる難聴のサインを紹介しておきますので、ぜひご自身でもチェ㏍スひてみてください。
①頭の皮膚がブヨブヨしている
②顔色が黒っぽい
③耳介を触ると痛い
④目がすぐ乾く
⑤唾液が出にくい
⑥肩井を押すとすごく痛い
⑦中府を「揉むと痛い
⑧外関を揉むと痛い
⑨中渚を触ると痛い
⑩合谷を押さえるとすごいく痛い
⑪おへその下あたりを揉むと痛い、または固い
⑫承山を押しても痛みを感じない
⑬左右の承山を押さえるとp傷みが違う
は難聴のツボとされています。
ミライスピーカー 口コミ