驚くほど精巧でデリケートなのが耳の構造

耳ってどんな構造をしているのか?
あまり気にしたことがない方がほとんどでしょう。
実は耳って驚くほど成句でデリケートな構造をしているのです。
これがわからないと、「難聴」など「耳の聞こえ」の仕組みも分かり難くなります。

耳の構造は大きく3つ

耳には大きく3つに分類できあmす。
それは
・外字
・中耳
・内耳
です。

外耳

外耳は目に見える耳介の部分から鼓膜までを言います。
耳介とはいわば周囲の音を拾い集めるパラボラアンテナのようなものです。
この次回のひだや突起などの凸凹しているのはこのためです、
そして鼓膜は
厚さ0.1mm
直径9mm
程度の小さな膜です。
この次回から鼓膜までを外耳道と呼ばれ、その長さは24~30mm前後です。
このパラボラアンテナみたいな耳介である目られた音は外耳道の通して入ってきます。
しかし、そのままでは脳に与える刺激が強すぎるので鼓膜がいったんそれを受け止めて振動を和らげます。

外耳の枠割は周囲の音を拾い集め鼓膜に伝え、そしてそれを適度に和らげることです。
この外耳に耳垢が溜まることで、聞こえにトラブルが起こることもあります。

]

中耳

鼓膜のすぐ内側が中耳です。
この中耳には荷g¥ん減の体内で最も小さな骨である「耳小骨」があります。
さらにこの最も体内で最も小さい骨である耳小骨も「ツチ骨」「キヌタ骨」「アブミ骨」という3つの骨に分けられます。
この中で外側のツチ骨が鼓膜と密着しており、鼓膜の振動を直接感知します。
この骨伝導によりきぬた骨、アブミ骨へと振動を増幅しながら伝えます。
なおこのアブミ骨は振動が大きすぎる場合には調節する働きがあり、このさらに奥にある内耳を守る役目もあります。

内耳

中耳
の奥が内耳です。
内耳にはカタツムリの殻のような機関「蝸牛」がありあmす。
蝸牛hあ渦巻き型汚骨で覆われた管で、その内側には「有毛細胞」がびっしりと並んでいます。
その内部は「リンパ液」でみたされてここから脳へと信号が伝わります。

いかがですか。
ただ耳といってもこれだけ精巧でデリケートな構造をしているのです。
高齢者 歩けなくなったら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です