恋は女を綺麗にするのはホルモンのせい

恋をすると女性はきれいになる?
これはあなたやあなたのまわりの女友達を見ると確信できますよね?

あの娘、彼氏ができてから
「髪がつやつやになった」
「胸が大きくなったみたい」
「色白になった」
それどころか元気いっぱいでkじゃぜも弾かない
「免疫力が高まった」
ということはありませんか?

女性は恋をすると「エストロゲン」というホルモンの分泌が増えます。
好きな人ができるととたんい胸が大きくなって身体にメリハリがつき、肌や髪がツヤツヤになる
これもエストロゲンのさようです。
他にもエストロゲンは肌色を白くして、むくみやくすみ、肌荒れも治してしまう美容には需要なホルモンあのです。
この綺麗になるエストロゲンは残念ながら出そうと思ってもなかなか出せるホルモンではありません。
またこのエストロゲンというホルモンはb、どんな高い美容液はサプリもかなわないのです。
ですから「濃い」という魔法のツールを使わないといけません。

あと恋をすると分泌されるのが「ドーパミン」というホルモンです。
ドーパミンは脳内麻薬と呼ばれているくらい、分泌されると人間は心地良くなります。
好きな人を思い浮かべるだけで脳内にはドーパミンが分泌されて、それが活力となり、仕事や勉強にやる気が出るのです。
もちろん恋には楽しい物ばかりではなく、悲しい買ったり辛いこともあります。
振られて落ち込んだり
嫉妬したり
感情のアップダウンは恋をした人なら激しくなるはずです。
実はそこにも意味があるのです。
自律神経というもの交感神経と副交感神経で成り立っています。
副交感神経はリラックスしている時や幸せを感じている時に働きます。
ハラハラドキドキしている時は交感神経が働きます。
この交感神経と副交感神経のバランスがうまくとれている時が良い状態なのです。
恋はいつもハラハラドキドキします。
喧嘩して落ち込んだり
仲直りしては@@イーな気分にな田り
と恋は自律神経をうまく整えてくれる効果もあるのです。
トリコチロアール 効果 円形脱毛症

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です