離婚調停は調停委員を交えた話し合いで問題を解決する方法

離婚のことについて夫婦で話し合ってもなかなか話がまとまらないことが少なくありあm線。
当事者で話し合いがまとまらない以上、いつまでその問題は秋決しあm線。
「相手が癌意図し鵜て離婚に応じてくれない」
「離婚には応じてkぅれているが、子供の親権や財産部世の問題が秋決できないので離婚できない」
そんな場合には最終的には第三者に間に入ってもらわなければなりません。
それには離婚するどちらかが家庭裁判所に調停を申し立て、調停委員をな寺得て離婚の話し合いを行うしかありません。

離婚調停には調停員2名と家事審判官1名の3名で行使される調停委員会が祖言うほうの話を聞いて解決策を見出していきます。

調停ロコン委は以下の目理意図がありあmす。

◎冷静に話し合いができる
夫婦だけの話し合いだとお互いに感情的になってしまって冷静な話し合いができません。
そこで調停委員が間に入って話し合いを進めるのですが、調停員は知識と経験豊富
で中膣的な立場で夫婦双方の主張を聞きます。
必要ならば事実関係の調査をしたうえでアドバイスもしてくれます。
◎調停は裁判と違って費用が安い
調停と裁判は似て非なるものです。
裁判とは違って調停にかかる費用は決して高くはありません。
調停申し立て書に貼1200円の因子
調停調書を郵送するための切手代
それだけになります。

◎離婚によって生じる問題を一緒に解決できる
双方の離婚の意思のほか、
x財産分与
慰謝料
養育費
といったお金の問題や子供の問題
さらに
子供の親権や看護者についても相談でき。あわせて一緒に解決できます。

◎弁護士を必ずしも立てなくてもいい
調停は訴訟ではないので、弁護士を立てる必要は必ずしもありません。
ただし、調停には裁判のような強制力がないので、最終的に夫婦の合意が無ければ離婚は成立しません。
双方が離婚に合意しているのに
子供の親権問題で調停が不成立というような場合は、今度は家庭裁判所に裁判を起こすという次のステップに移らなければなりません。
離婚 住宅ローン 妻が住む 借り換え